福祉と地域のかかわりとは

地方の福祉業界のニーズは年々高まってきています。その理由には、少子高齢化社会の問題背景があります。なぜ地域の少子高齢化が進んでしまうのでしょうか。それにはまず、若者の都会進出が挙げられると考えられており、これが一番大きい要因ではないでしょうか。そして、若者が都会に進出し、地方に戻ってこないケースが頻繁に起こると、地方の高齢化は進みます。もちろん地方にも、若者は入ってきますが、出ていく人数と、入ってくる人数とでは明らかに出ていく若者のほうが多いです。こうした高齢化が進むにつれて、必用となってくるのは福祉業界です。高齢化と一番関連深いのは、介護業務でしょう。介護業務は、お年寄りがいる限り廃れません。ましてや現状、高齢者が増え続けているため、人手が足りていない事態となっています。この悪循環により、福祉と地方のかかわりが消えることはなく、業界の人手不足が年々深刻化しているのです。これらの問題を解決するカギは制度の充実ではなく、若者の認識の改革が必要となってくると考えられます。