地域による福祉の負担

地域によって、福祉の負担が違います。日本では地方公共団体がある為です。地方によって定めている条例があり、細やかな違いではありますがそれが福祉負担の差ともなっています。どの市がどんな方法で福祉に取り組んでいるかは、基本的に市のホームページに記載されています。厚生労働省のページから、全ての県の地方自治体における取り組み状況を簡単に閲覧することも出来ます。例えば秋田県の仙北市のホームページには高齢者から障がい者などの分野別情報をわかりやすくまとめてあります。高齢者には日常生活用具給付・貸与や、65歳以上の一人暮らしか高齢世帯、障がい者世帯のみを対象とした緊急通報体制整備などの取り組みをしているそうです。それだけではなく、デイサービスの連絡先まで記載されており、真摯に取り組みをしている市であることがわかります。以前はネットというサービスがなく、こういった事を調べることは容易ではありませんでしたが、今では簡単に調べる事も出来ます。引越しをする際や、自らの地域の取り組み状況を調べる際に活用できるようになっています。