地域に必要な福祉の力

少子高齢社会が進み、高齢者や障害者の支援には、地域の福祉事業所が欠かせません。それまで家庭内で担っていた介護を、どんどん社会に出す形にしていけば、働き盛りの世代が仕事を辞めて介護に入る必要もなくなり、みんなで支えあう社会の形が築けるのです。福祉事業もこれまでの方法とは違ったものが求められてきているようです。高齢者も障害者もみな自立した大人として存在できるような、人権に配慮した施設を作るべきです。体が動く人は社会貢献につながる活動ができるような福祉施設を利用できるようにすれば、もっと生き生きとした生活が営めます。介護にあたる従業員の賃金や福利厚生も重要です。やはり現場に人を増やし、賃金体系ももっと見直し、受ける側も行う側もつらくない介護を運営できるように、事業所と行政が連携をとって考えていくべきです。多くの人が輝ける社会を目指すには、互いに協力しあえるような仕組み作りが重要となります。どちらかが弱者にならないような共生社会を地域ぐるみで作り上げることが理想の形といえるでしょう。

株式会社ヤマダ電機とは

藤澤信義とは

エキテン
無料と有料の違いを徹底比較

生まれてくる子供に残す、特別なマタニティ撮影
妊娠中でしかとれない写真を

自由が丘でこどもとの記念撮影!
自由が丘にあるパラシュートでとっても綺麗な写真を撮ってもらいました

最新投稿

  • 福祉と地域のかかわりとは

    地方の福祉業界のニーズは年々高まってきています。その理由には、少子高齢化社会の問題背景があります。な …

    続きを読む...

  • 地域による福祉の負担

    地域によって、福祉の負担が違います。日本では地方公共団体がある為です。地方によって定めている条例があ …

    続きを読む...

  • これから期待される街づくり

    何年後かに行われる東京オリンピックやリニアの開業は、その地域のバリアフリーが考え直され現在より良くし …

    続きを読む...

  • 福祉は地域で活性化するとさらに効果的

    福祉を活性化するというのは、大事になってきます。そこで、地域全体で活性化する事によって、さらにお年寄 …

    続きを読む...

お知らせ